FC2ブログ

Home > 2009年02月

2009年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Buster Keaton バスターキートン 偉大なる石の顔

ひとたびそのクラシカルな箱をあければ、そこには詩人の全てがある。

無表情の奥に隠しきれないナイーブさ、
どこまでも肉体を酷使する崇高さ、
風で家が回り、数百人の警官に追われるというシュールさ、
それらにカオスがついて回る。

映像の詩 というものは少なからず存在するが、
俳優そのもの詩 となったケースは、キートン唯一といってよいのではないだろうか。

偉大なる石の顔という評のごとく、彼は語らない事で
あまりに多くの感情を伝えてくれる。
クスッと笑える彼の悲しさは、彼のような人間にとって大きな慰めでもある。

キートンが好きな人、
それだけで 私はその人を信じられる。(笑)







スポンサーサイト

Home > 2009年02月

+Favorite music now
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。